サーバの負荷(メモリ使用量を調べる)sar -r

sarコマンドを利用するために必要なシステムをインストール
# yum install -y sysstat

phpでデータを抜き出す
$pp = popen(‘/usr/bin/sar -r 1 1’, ‘r’);
while(!feof($pp)):
var_dump(fgets($pp));
endwhile;
pclose($pp);

$pp = popen(‘/usr/bin/uptime’, ‘r’);
while(!feof($pp)):
var_dump(fgets($pp));
endwhile;
pclose($pp);

* kbmemfree: 物理メモリの空き容量
* kbmemused: 使用中の物理メモリ量
* %memused: 物理メモリ使用率
* kbbuffers: カーネル内のバッファとして使用されている物理メモリの容量
* kbcached: カーネル内のキャッシュ用メモリとして使用されている物理メモリの容量
* kbswpfree: スワップ領域の空き容量
* kbswpused: 使用中のスワップ領域の容量
* %swpused: スワップ領域の使用率
→ 実質メモリ使用量 = kbmemused – ( kbbuffers + kbcached )

free コマンドの場合、計算しなくても「-/+ buffers/cache:」に実質メモリ使用量を表示してくれる。
$pp = popen(‘/usr/bin/free 1 1’, ‘r’);
while(!feof($pp)):
var_dump(fgets($pp));
endwhile;
pclose($pp);

参照元:http://d.hatena.ne.jp/yohei-a/20090322/1237744536#c
http://nplll.com/mutter/archives/2009/06/sysstat.php
http://d.hatena.ne.jp/naoya/20070518/1179492085

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。