[LINUX] php で sudo

ブラウザからPHPスクリプトにアクセスして、PHPプログラムからsudoコマンドを実行する方法です。
私の場合は、手元のfedoraが動いているサーバで試してみましたが、「anysense-devel」さんの記事通りに実行出来ましたので、ご紹介、というか今後の自分のためにもメモしておきます。

以下、参照元「anysense-devel」さんの記事です。

ご存知の通りPHPからコマンドを実行するにはexec()やsystem()等を使えばいいんですが、Apacheに実行権限が無いファイルを扱う場合はsudoしてから実行する必要があります。

<?PHP
$cmd = "echo 'password' | sudo -S ls /root";
exec($cmd, $output);
print_r($output);
?>

みたいに-Sを付けてやればパイプでパスワードを渡すことが出来ます。
ここで入力するのはもちろんapacheが動いているユーザーのパスワードです。
apacheがどのユーザー権限で動いているかはhttpd.confのUserディレクティブとGroupディレクティブで確認できます。
因みにCentOS5.1でyumでapacheをインストールした場合はapacheというグループのapacheというユーザーとして動いています。
PHPスクリプト内のexec()関数で呼び出されたコマンドもこのユーザーとして実行されます。
以下、Apacheを実行しているユーザーをapacheと仮定して書きます。apacheは環境に応じて適当に読み替えてください。

sudoする際に渡すパスワードはapacheのものですが、デフォルトではapacheユーザーにはパスワードがありません。パスワードが無い場合sudoできませんので何でもいいのでパスワードを指定してあげましょう。

sudo passwd apache

次にapacheユーザーがsudoできるようにsudoersファイルを編集します。ルート権限で

visudo

と入力するとsudoersファイルを編集できますので、末尾に

apache ALL=(ALL) ALL

と追記します。さらに

Defaults requiretty

という行をコメントアウト(行頭に#を追加)して端末を持たないユーザーからのsudoを許可します。

これでapacheユーザーからsudo出来るようになりました。冒頭のPHPスクリプトへブラウザからアクセスして/rootの中身が見れたら成功です。

http://hogehack.blog80.fc2.com/blog-entry-36.html

カテゴリー: 雑記. タグ: , . Leave a Comment »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。